IT導入補助金2020

一次公募開始についてのお知らせ

補助金活用のご相談はこちら

どなたでも補助金受け取れます

〜コロナウイルス景気対策の緊急公募〜

IT導入補助金2020 一次公募に関して、3月11日(水)午後に急遽早期公募開始の発表があり、急遽3月13日(金)から一次公募受付開始となりました。
理由としては、コロナウイルス感染症の感染拡大に伴い、経営及び生産活動に多大なる影響を与えることが懸念されることを鑑み、影響を緩和するためとのことです。

弊社では例年、お客様の新規スマホアプリ開発に関し、IT導入補助金の利用を促進し多くの新たなスマホアプリの開発を行ってまいりました。
本年も例外なく、IT導入補助金を利用したスマホアプリの導入補助を行い、日本の中小企業・小規模事業者等のみなさまの業務効率化・経営課題解決のサポートをさせていただきます。

最大約150万円の補助金を利用できるまたとない機会となっておりますので、スマホアプリ開発のご検討に是非ご利用くださいませ。

なお申請に関して申請準備期間が3~5営業日程度かかります。ご検討の方はお早目のお申し込みをおススメしております。

アプリは、制作してリリースするまでに3〜4ヶ月必要です。
2020年の前半はコロナウイルスの影響で景気が落ち込みましたが、夏以降の挽回に向けてこれを機にアプリをマーケティングに活用した戦略の準備をしませんか?

■アプリの活用事例の情報が知りたい
■補助金について詳しく知りたい
■具体的な戦略の相談がしたい

どんなことでもお気軽にご相談ください。

補助金活用のご相談はこちら

IT導入補助金2020

概要

一次公募(臨時対応)期間

開始:2020年3月13日(金)
締切:2020年3月31日(火)17:00

公募の注意点

在宅勤務制度(テレワーク)の導入に取り組む事業を優先的に支援します。
交付申請時に補助事業者の事業概要にて在宅勤務制度の導入についての取り組みを確認します。

弊社サービス

IT補助金2020対象となる弊社サービスは以下となります。

・アプリ制作

弊社サービス対象補助金

小規模事業者持続化補助金:50万円
(75万円のうち50万が戻ってきます)
IT導入補助金:150万円
(費用の半分が戻ってきます)

補助金活用のご相談はこちら

申請の際の準備

必須提出書類

IT導入補助金の申請の際は以下を事前にご用意いただくとスムーズに申請に移ることができます。
本一次公募については申請期間が例年と比べ短くなっているため申請ご検討の方は事前のご用意をおススメ致します。

【法人の場合】

・履歴事項全部証明書
※交付申請日から遡って3ヶ月以内に発行されたもの

・法人税の納税証明書(その1またはその2)
都税・県税事務所ではなく、管轄税務署で取得
※直近のものに限定
※税務署の窓口で発行されたものに限定
※電子納税証明書は認められません

【個人事業主の場合】

・運転免許証または運転経歴証明書または住民票
※住民票は交付申請日から遡って、3ヶ月以内に発行されているもの
※運転免許証は交付申請日が有効期限内であるものに限定

・所得税の納税証明書(その1またはその2)
※直近分のものに限定
※税務署の窓口で発行されたものに限定

・所得税確定申告書
※直近分のものに限定
※税務署の受領印もしくは受信通知があるものに限定

補助金活用のご相談はこちら