事例

【お寺アプリ】心光寺の事例

2013年にスタートした寺活。
この寺活を運営しているのは大阪の下寺町にある「心光寺」の副住職の丈徳さん。
丈徳さんは20代の頃は別のお仕事をされていて、お寺に戻ってきた時に、「お寺の周りにはネガティブな話題が多い。
寺離れという言葉も多く耳にするようになったし、檀家さんも減ってきていて、お寺も潰れる時代。どうやってお寺を守っていけばいいか。」と考えられていました。今までの守り方プラス何か必要なんじゃないかと思い、「まずはお寺に来ていただいて、お寺の良さを知っていただこう」とスタートされた取り組みが、この「寺活」です。

アプリを導入したきっかけ

SNS、Facebook で宣伝活動をしていましたが、メインでやっているのがお一人だったため、宣伝活動が難しいなと感じていたとのことです。そんなときにとあるご縁のある方からアプリを教えていただいて、もっともっと寺活の事業を広げていきたいと考えアプリを導入することを決意されたとお話してくれました。

寺活に参加してくださったかたからは、お寺の雰囲気がすごくいい、その中でヨガができるという非日常体験なことができるのは楽しい、という感想をいただいていたので、もっともっと自分自身も自信をもって、もっとお寺にきてもらいたいと思い、最先端のアプリを作って「心光寺で寺活」を広めていきたいと思ったそうです。

副住職 丈徳
副住職 丈徳
アプリのおかげで寺活の幅がすごく広がりましたし、自分の想いも届けやすくなりました。

今後のアプリ活用


今までスタンプカードがなかったので、スタンプカードを使っていきたい、そしてもっともっとアプリを通して参加者のかたがわくわくするような、寺活に期待を持っていただけるようなアイテムにしていきたいとお話されました。

そして今後カフェもオープンする予定とのこと。
ご自身がカフェ好きで、お寺の中にカフェをオープンできるスペースがあるため、そこをリノベーションしてカフェとしてオープンするとおしえていただきました。お寺にきたら休む場所がなかったため、自分でやってみようということでスタートすることに決めたとのことです。

副住職 丈徳
副住職 丈徳
「アットホームな、誰もが入ってこれる老若男女が楽しめるカフェ」を目指して、寺活メンバーと準備を始めています。

【Profile】
大阪の天王寺区下寺町にある心光寺。心光寺では「寺活」という様々な活動が繰り広げられています。寺ヨガ、歌声広場、寺エステなどの活動が人気で、参加者からは、お寺特有の雰囲気の中で、ヨガ やエステができるという非日常な体験ができて楽しいと好評。今回お話を伺った副住職の丈徳さんは、お寺を身近に感じてほしい、仏教の教えを伝えたい、地域活性化の力になりたいとの想いで活動されています。


AppCooking
AppCooking

アプリ専門制作会社。 AppCookingの使命は、企業の課題をAPP-DXで解決することです。