事例

【意外と悩むプッシュ内容】反応の良かったプッシュ通知をご紹介

アプリ運用で意外と困る・悩むのがアプリプッシュ通知です。内容はもちろんのこと、タイミングや頻度を間違えるとユーザーの離脱に繋がりかねません。そこで運用中のアプリの「プッシュ通知」でリテンション、リアクションが高かったプッシュ通知をアプリクッキング社の事例からご紹介します。

プッシュ通知事例

それではリテンション・リアクションの高かったプッシュ通知を業種別にみていきましょう。

メーカー・卸し系

HEAD:新製品の紹介。その他、最新の試合速報なども通知。

TAT:セールのお知らせ。その他、新作の通知など。

美容系

TELA(美容サロン):新型コロナウイルスの予防対策のお知らせ。InstagramなどSNSに投稿しにくい内容もアプリならお知らせ可能。

LashArtist A(まつ毛エクステサロン):月の予約空き情報のお知らせ。通知確認からそのまま予約できるアプリならリアクションが高い。すぐに予約が埋まりました。

Eclore(美容サロン):アプリ限定の誕生日クーポン配布のご案内。

住宅会社

ちば家博(展示会アプリ):アプリ限定のイベント抽選会のプレゼント内容の案内。ダウンロード数とイベント参加者が増。

フラワーホーム:新型コロナウィルスの影響によるイベント中止のお知らせ。その他、台風など自然災害時にも災害対策やアフターケアの案内にプッシュ通知を活用。Webサイトを更新してもみに来てもらえなかった課題も解決。

相陽応援団(OB向けアプリ):アプリダウンロード済みのOB様限定のイベント案内をプッシュ通知でお知らせ。通知後、当日中に定員に達する。クローズや限定の案内はアプリが最適

飲食店

炭火焼鳥ざりお:周年イベントのご案内。大盛況だったとのことです。その他、当日の空席情報やお得情報なども配信中。

SYLPHY SALADE:限定メニューのお知らせ。SNSでも代用可能ですが、アプリの場合はプッシュ通知からそのままクーポン発行などの連携も可能。

その他の業種

カスタムレイヴ:イベント出典の事後報告、リテンションや次回のイベント参加につながっている。その他、YouTubeなどのお知らせもプッシュ通知を活用。

大福屋(着物屋):イベント当日のお知らせ、シニア層はSNSをダウンロードしていないことも多いので自社アプリでの通知は有効。その他、コロナウィルスの影響で卒業式が延期になった方向けにレンタル着物のキャンセル受付のお知らせにもプッシュ通知を活用。

京都リサイクル王国:最新セール情報のお知らせ。その他、新生活応援・買取キャンペーンなど配信中

様々な事例をご紹介いたしましたがヒントになりましたか?

プッシュ通知は制作側にとって大きなメリットがありますが、自己中心的に送りつけてしまうと、ユーザーにアンインストールされてしまう可能性があります。

ユーザーは週に6通以上のプッシュ通知が送られてくるとアンインストールするというアンケート結果があります。通知頻度を理解し、適度な配信バランスをとることが大事です。

 

アプリクッキングの場合

株式会社アプリクッキングではお客様からのアプリ運用に関するお問い合わせ・ご相談・運用代行のご依頼を随時受付しております。「運用サポートサービス」にご興味のある方は下記のボタンからお気軽にご相談ください。

  1. 流れ
    ①お問合せ/相談する【無料】(御社)
  2. ②折返し連絡する(アプリクッキング)3営業日以内には返答※年末年始など例外あり
  3. ③プランを選ぶ(御社)
  4. ④サポート開始【ビデオミーテイング】30分〜1時間

 

 

AppCooking
AppCooking

アプリ専門制作会社。 AppCookingの使命は、企業の課題をAPP-DXで解決することです。