開発後助言

アプリリリースがゴールじゃない。アクティブユーザーを増やそう

アプリをリリースしたみなさん、アプリをリリースすることを意識しすぎて、その後のことを忘れがちになっていませんか?せっかくダウンロードしてもらっても、利用するユーザーがいなければそのアプリは成り立ちません。そこで本記事では、アプリが成長するために重要なことと、アクティブユーザーを増やすためにできる施策についてご説明します。

KPI

「KPI」という言葉をご存知ですか?
KPI(Key Performance Indicator)は「重要業績評価指標」と訳され、事業における業務を評価する際に使われる数々の指標のことです。この指標で重要視されるのは、アプリのダウンロード数ではなくアクティブユーザー数です。まずアクティブユーザーとは、アプリをダウンロードした人のうち継続的に利用しているユーザーのことです。KPIを設定する時に「顧客視点」ではなく「各部署(会社)の視点」になっていないか確認しましょう。目標設定するなら顧客視点で考えましょう。

アクティブユーザー数

そしてアクティブユーザー数とは、ある特定の期間内にサイトを訪れた人の数です。
つまりアプリマーケティングで利益を上げるためには、ダウンロード数ではなくアクティブユーザー数を増やすことが重要なのです。アクティブユーザー数を知ることで、同期間内にサイトを訪れた人の人数を把握することができます。アクティブユーザーをカウントする際、一定期間内であれば同ユーザーが何度サイトを訪れても1ユーザーとみなされます。

また、企業のサイトを訪れた回数や閲覧したページ数に関係なくカウントされます。よってアクティブユーザー数を把握することは、自社で企画したアプリがどれくらいの人にリリースされているかを知ることにつながるのです。これを踏まえると、本当に良いアプリはアクティブ率がよいアプリなのです。

アクティブ率

アクティブ率とは、実際にアプリをインストールして所持しているユーザーのうち、どれくらいの割合がアクティブユーザーであるかを示したものです。したがってアプリを成長させるためには、常にアクティブ率の向上を目指す努力が欠かせません。

では、アクティブ率を向上させるためにはどうすれば良いでしょうか。この章では、アクティブユーザーを増やすためにできる具体策を4つご紹介します。

レビューの改善

1つ目は「レビューの改善に取り組むこと」です。
ニュースアプリ「Circ」が、”良いレビューを書いてくれそうなユーザーに絞ってレビュー依頼を出す”という施策でレビューの改善を行ったところ、9割の人が星5つの評価をしました。このことから、レビューの改善に取り組むことはアプリの評価を上げることにつながると言えます。アプリの評価が上がることはユーザーの維持につながります。

再利用

2つ目は「休眠ユーザーに再利用を促すこと」です。
多くのアプリで、売上の5~20%は休眠から復帰したユーザーが占めていると言われています。リリースしたアプリに多くの休眠ユーザーがいる場合は、新たに新規ユーザーの開拓をするよりも、今いる休眠ユーザーを復帰させる対策を取ると効率的でしょう。休眠ユーザーを復帰させる具体的な方法として、”プッシュ通知でアプリ起動を促す”ことなどが挙げられます。実際、ジャストシステムがスマートフォンを所有する10代~50代の男女1,000名を対象に行った「プッシュ通知に関する実態調査」によると、プッシュ通知を開封して内容を確認するユーザーは全体の93.7%という結果が出ています。このことからプッシュ通知には大きな影響力があると言うことができます。プッシュ通知は通知をオンにしていればどのユーザーにも送られるため、再度起動するきっかけになる可能性が高いです。しかし全てのユーザーに歓迎されるとは限らず、プッシュ通知が邪魔だと感じてアプリをアンインストールされてしまう可能性もあります。そのためプッシュ通知を送る頻度や時間、 タイトルには工夫が必要です。

アプリ内メッセージ

3つ目は「アプリ内メッセージで利用を促進すること」です。アプリを起動しても課金に至らないユーザーには、アプリ内メッセージで活用を促すという策も有効です。なおこの施策を行う際には、2つ目と同じようにメッセージを送る頻度や時間、 タイトルを工夫することが大切です。

アプリ内メッセージ

4つ目は「個々のユーザーに合わせたアプローチをすること」です。先程ご説明したプッシュ通知やアプリ内メッセージは、ある程度のユーザーを確保・維持をする上では有効です。しかし、全ユーザーに対して同じような施策を行うのが良いということでありません。つまり全ユーザーへ同じプッシュ通知を配信するのではなく、性別や地域、 アプリを起動していない日数などでユーザーを区別し、個々に適したプッシュ通知を配信するとより多くのユーザーに効果的です。

このようにアプリを成長させるには、インストール数を増やすこと以上にアクティブユーザーを増やすことが大切です。本記事でご紹介した施策を、ぜひアプリマーケティング戦略に役立ててください。

AppCooking
AppCooking

アプリ専門制作会社。 AppCookingの使命は、企業の課題をAPP-DXで解決することです。