開発後助言

withコロナの世界でアプリを活用!効率的にブランディングにつなげる!【住宅会社編】

コロナが収束しない状況の中で、住宅会社をブランディングするためにどのような施策をすれば良いかお悩みの方はいらっしゃいませんか?このために効果的な施策が、アプリを活用することです。そこで本記事では、住宅会社のブランディングの必要性と、ブランディングするためになぜアプリを活用するべきかについて詳しくご説明します。

 まずブランディングとは、企業のイメージを強化して認知を高める経営戦略のことです。
企業を認知していない消費者に向けて、どのようなコンセプトの会社なのか、他店にはない魅力は何かを伝えて自社の価値とブランドイメージを構築することが目的です。住宅市場は、少子高齢化や単身世帯の増加によって将来的に縮小が見込まれており、業界全体で価格競争が拡大するといわれています。よって他店にはない自社の魅力を伝えるためには、価格競争に負けないブランディングが必要です。しかし「低価格でリフォームできる」「設備が選択できる」といった強みだけでは、自社以外の住宅会社にも当てはまる可能性があるため、ブランディングにつながるアピールとしては不十分です。

他の住宅会社と同じだと認識されないためには、自社ならではの価値を見出すことが必要です。しかし、類似した資材や設備を利用する工務店では競合相手との差別化が難しいのが現状です。特に中小規模の工務店は、大手と比べてブランド戦略に費やせる資産や、専門的な人材を雇用する予算などに限りがあります。そのような場合大がかりなアプローチは厳しいため、大手とは異なる切り口でブランド価値を高める必要があります。つまり住宅会社は、他と異なる独自の強みを生み出して、消費者からの認知・信頼の獲得に目を向ける必要があるのです。したがってどの住宅会社においても、どのような方法でブランディングを行うかは大きな課題といえます。

アプリを活用するメリットを6選

そこでその方法として効果的な施策の一つが、アプリを活用することです。ブランディングにアプリを活用するメリットを6つご紹介します。

企業コンセプトとの共有

 1つ目は、企業のコンセプトを伝えられることです。
アプリの要素をブランドメッセージやビジュアルイメージに絞ることで、ブランドやアイデンティティをユーザーに伝え、ブランドイメージの確立を目指すことができます。近年は、キャラクターやマンガを用いたブランディングも増えています。

ユーザーの傾向が見やすい

アプリのプッシュ通知はWebサイトよりも開封率が高いため、より効果的にユーザーにブランディングされた企業コンセプトを届けることができます。また開封数をその都度集計しながら、次のマーケティングに活かせることもアプリならではの魅力です。またプッシュ通知は待受画面に表示されるため、他の情報に埋もれる心配もありません。

コミュニケーション

3つ目は、ユーザーとコミュニケーションが取れることです。
アプリは、ユーザーとコミュニケーションが取れる機能を備えているため、企業とユーザーを密接につなげる役割を果たします。

<リアルタイムの情報配信

4つ目は、リアルタイムで継続的に情報発信ができることです。アプリの中にWebサイトやSNSなどの情報を1つにして束ねることで、ユーザーに最新の情報を効果的に届けることができます。またここでもプッシュ通知機能を利用して更新情報を適宜配信することで、継続的にアプローチすることもできます。

ブランドイメージ

5つ目は、スマホにアイコンを入れられることです。アイコンは、ユーザーに視覚的にブランドイメージを植えつけることができる上、ホーム画面に表示されるため、ロゴなどのブランドイメージに近いもので自社のアピールをすることが可能です。

リッチな視覚体験

そして6つ目は、アプリならではの動画やアニメーション、スワイプ効果などのリッチな表現による視覚的効果で、充実したユーザー体験を提供できることです。文字などの制限、縦も横も考えない自由なレイアウトで自由に作れるため、企業の世界観を柔軟に表現することできることも、アプリを活用する大きなメリットです。

 いかがでしょうか。
このように住宅会社では特にブランディングが必要であり、ブランディングにはアプリの活用が効果的です。
ぜひ、住宅会社のブランディングにアプリを活用してみてください。

AppCooking
AppCooking

アプリ専門制作会社。 AppCookingの使命は、企業の課題をAPP-DXで解決することです。