まとめ

梅雨を乗り切ろう!お天気アプリまとめ

梅雨の時期は天気がコロコロと変わるので、毎日の天気が気になって仕方がないと思います。
そんな時期に役に立つのが、天気予報をチェックできるお天気アプリです。
今回は、数あるアプリの中でのお天気アプリの選び方と、おすすめのお天気アプリを4つご紹介します。
お天気アプリを活用しようか悩んでいる人は、ぜひ参考にしてみてください。

お天気アプリの選び方とは?

お天気アプリにはさまざまな種類がありますので、“どれを使えばいいのだろう”と悩むことが多いのではないでしょうか。
お天気アプリを選ぶ際に気を付けることは、大きく3つあります。

・時間ごとの天気を確認できるか(1時間、1日、1週間)
・画面(天気の情報)が見やすいか
・欲しい情報を得られるか

このように、お天気アプリを選ぶ際には“どんな目的があって天気を確認したいのか”を明確にすることで、あなたに合ったお天気アプリを見つけることができます。

おすすめのお天気アプリを4つ紹介

お天気アプリの選び方をお伝えしたところで、次はオススメのお天気アプリを4つご紹介します。
「どのアプリをダウンロードすればいいか悩んでいる」という方に向けて、使いやすさを機能性の2つを重視してピックアップしました。
お天気アプリを初めて活用する人は、まずはこの4つのアプリをダウンロードしてみてください。

tenki.jp




はじめにご紹介するのは、一般社団法人日本気象協会がリリースした天気予報専門アプリ「tenki.jp」です。こちらのアプリは、完全無料かつ会員登録不要で利用することができます。
「tenki.jp」では、市区町村ごと・1時間ごとで、きめ細かい天気予報をチェックできます。また、この先10日間の天気予報や最寄りのアメダス観測値、気象予報士による天気の解説といった、天気に関する情報も確認できます。
さらには、アプリを立ち上げずに情報を確認できるウィジェット機能や、登録地点の天気予報を通知する機能も付いているので、“天気を知りたい!”と思ったときにすぐに確認できることも、「tenki.jp」の大きな特徴です。

おしゃれ天気




梅雨の時期は天気の移り変わりが激しいために、毎日の洋服のコーディネートにも気を使うのではないでしょうか?
しかしそのようなお悩みも、次にご紹介するお天気アプリ「おしゃれ天気」によって解決できます。
「おしゃれ天気」は、その日の天気に合わせてコーディネートを提案してくれるアプリであり、地域設定をすることですぐに利用することができます。
アプリが提案してくれるコーディネートは、カジュアル・フェミニン・オフィス・モードの4種類のジャンルです。その日の気温や天候に合ったコーディネートを、イラストや写真で提案してくれます。
また「おしゃれ天気」には、洋服の販売サイトにつながるリンクが搭載されているので、気に入ったコーディネートがあれば、その場ですぐに購入することもできます。
他にも、コーディネートに関する記事が掲載されていたり、ウィジェット機能にも対応しているので、手軽に天気を確認しながらファッションも楽しめるお天気アプリです。

Yahoo! 天気




「Yahoo!天気」は、日本最大級のポータルサイトであるYahoo!が提供するお天気アプリです。
「Yahoo!天気」では、天気模様や気温、風向きなどの基本的な気象情報はもちろんのこと、気象関連のニュースや各鉄道の運行情報までチェックすることができます。
さらには、天気予報期間が最大で17日間も表示できたり、1時間ごとの天気予報も72時間まで細かく表示できたりと、“長期間の出張や旅行のために、先々の天気までチェックしておきたい”といった人にはオススメのアプリです。

Windy.com




最後にご紹介するお天気アプリは、「Windy.com」です。こちらのアプリは、天気予報を“視覚的”に把握することができるアプリです。
「Windy.com」のアプリを立ち上げると、そのエリアの地図と一緒に、白い線で表された“風の流れ”が表示されます。この白い線をチェックすることで、風の流れを視覚的に把握することができます。
風の流れ以外にも、雨・雪・雲の流れを確認したり、気温や気圧を確認することも可能です。そのため、「Windy.com」は山や海でのアウトドアスポーツをする際には、特に役に立つお天気アプリです。

AppCooking
AppCooking

アプリ専門制作会社。 AppCookingの使命は、企業の課題をAPP-DXで解決することです。