データ

【自社調査】アプリ利用率について調査!ECアプリ編

今回のデータ企画は前回に引き続き、
「週刊アプリを作ろう。」運営会社のAppCookingで制作したアプリの利用率調査です。

前回の住宅会社に対し、今回はECアプリに焦点を絞り調査しました。

今回はiOSにのみターゲットを絞り、セッション数を計測。

セッション数とはアプリ訪問数のことで、
今回利用したApp Store Connectでは、
アプリが少なくとも2秒間使用された回数を計測しています。

アプリ運用中は、このように利用率の推移を確認し、
どのようなアプローチが効果的なのか知ることが可能です。

公式アプリを作っていないECサイト運営会社様は、
これを機にぜひ公式アプリを作り、情報発信・販売促進ツールとしてご活用ください。

A社

ネイルグッズ・ネイル商材を販売している会社様のアプリ。
アプリのトップページに季節のおすすめアイテムが掲載され、
ワンタッチでECサイトのWEBページに接続できようになっている。
ECのみにとどまらず、フォトコンテストの案内通知、ネイルアートスナップ掲載など
幅広くアプリを活用している。

セッション数は安定傾向だが、ECサイト上で「アプリから注文のお客様」対象の
プレゼントキャンペーンなども行っており、昨年度よりセッション数は増加している。

B社

ある特定の条件に合わせた食品の通販を行っている会社様のアプリ。
アプリトップ画面のヘッダースライダーから、おすすめ商品の
ECサイトページをワンタッチで閲覧できる。
アプリのブログ機能もフル活用し、コラムを掲載する一方、
レシピブログをWEBviewで表示することにより、
コンテンツ別に見やすいアプリとなっている。
セッション数は安定傾向だが、昨年度と比べると増加している。

C社

接客業従事の女性向け衣料品の通販を行っている会社様のアプリ。
コンセプトに沿った華やかで可愛いデザインのアプリとなっている。
WEBviewのECサイトをメインで利用しつつ、
アプリのお知らせ機能とプッシュ通知、チャットでのお問い合わせを活用することで
アプリ内サービスを身近に感じさせるようになっている。
セッション数は2019年後半に急上昇後、かなり高い水準で安定している。

D社

ブランド古着高価買取・販売を行っている会社様のアプリ。
ECサイトとnstagramのWEBview表示を主体とした、
シンプルなアプリデザインながら、お知らせ機能をしっかり活用。
古着入荷情報を高頻度で更新することにより、購入へのきっかけとなっている。
セッション数は18ヶ月間通して安定傾向にある。

E社

キッズ向けダンス衣装の販売を行っている会社様のアプリ。
TOP画面にはカテゴリ別リンクを用意しており、
スムーズにECサイトに接続される。
また、お知らせ機能やチャット機能も活用。
運用開始直後で高水準のセッション数を獲得。

AppCooking
AppCooking

アプリ専門制作会社。 AppCookingの使命は、企業の課題をAPP-DXで解決することです。