ニュース

アップルのAirPods Proが登場してますよ!:アプリ運用中の経営者必見

2019年の1030日に、アップル製のワイヤレスイヤホン「AirPods Pro」が発売されました。現在早くも品薄状態であるほど、非常に人気があります。まず最初に、人気の理由であるAirPods Proの優れた機能を3つご紹介します。

AirPods Proの優れた機能

1つ目は、抜群のノイズキャンセリング性能です。

外向きと内向きの2つのマイクロフォンを使って、耳の形状とイヤーチップの装着状態に常に適応しながら、アクティブノイズキャンセリングが「静寂」を生み出します。外部の音が聞こえにくいレベルではなく、想像を超えた「静寂」に多くのユーザーが驚かれています。

2つ目は、外部音取り込みモードがあることです。

周囲の環境音を聞いたり状況を把握したい時は、シリコン製イヤーチップの遮音効果を解除することで、AirPods Proが外部の音を取り込みます。近くにいる人と会話する時など、すべてが自然な感覚で聞くことができます。

3つ目は、圧倒的に優れた音質で再生できることです。

まず、高偏位で歪みの少ない専用ドライバがパワフルな低音を再生します。また、驚くほど効率が良いハイダイナミックレンジアンプが、圧倒的にクリアでピュアなサウンドを生み出しながら、バッテリー駆動時間を延ばします。さらに、アダプティブイコライゼーションで、音楽を耳の形に合わせて自動的に調節するので、いつでも豊かで一貫したサウンドを楽しむことができます。

 

「手の暇」「目の暇」「耳の暇」

次に、「耳の暇」という言葉を聞いたことはありますか。現在、多くの人がスマホを利用しています。スマホを利用する時に、手で操作しながら目でほとんどの情報を得ますが、この時耳から得る情報は少なく、この時生まれるのが「耳の暇」です。現在の若い人は、耳から得る情報が少ないと、手を使ったり目から情報を得ていても、耳の暇を感じてその空白を埋めようとします。

その傾向が「音声関連サービスの利用者の増加」として表れています。具体的なサービスとして、ボイスメディアであるVoiceyや小説などを朗読してくれるオーディオブックなどが挙げられます。しかし、耳の暇を埋める最適なコンテンツはまだ多くはないのでミュージックコンテンツが一人勝ち状態です。

AirPods Proは、先ほど述べた機能だけではなく、耳を中心としたデジタルハブの役割を果たすことでも注目されています。AirPods Proは、話しかけることで音声アシスタント「Siri」を立ち上げ、聴きたい音楽を選んだり操作したり、メッセージを読み上げてもらったりする機能も搭載しています。さらには将来、音声ソーシャルネットワークサービスを提供する際に、誰かと常に音声でコミュニケーションできる環境が作られることも予想されます。すると、検索サービスの利用時も気になったことを口にするだけで、瞬時に必要な情報が音声ガイダンスされるような使い方が可能になるでしょう。

つまり、AirPods Proは、「耳」と「声」と「インターネット」をひとつに結びつけたコンピューターとしての役割が期待されているのです。起業家の井口尊仁さんも、

AirPods Proは、耳を中心としたデジタルハブとして機能する小さなコンピューターであり、耳と声とインターネットをひとつに結びつける世界観デヴァイスとして、新たな経済圏を生み出すに違いない」

と述べています。

AirPods Proのような、音声の機能を充実させたサービスは、今後公式アプリにおいても増加していくのではないでしょうか。それでは、今後オーディオコンテンツがどのように公式アプリに実装されるのか予想してみます。

AirPods Pro

 

公式アプリに「オーディオコンテンツ」

公式アプリ内にオーディオコンテンツの実装が主流になる未来を予想したいと思います。オーディオコンテンツは仕事でもプライベートでも終始スクリーンを眺めている現代人の「スクリーンから離れたい」しかし「耳の暇」な時間は活用したいと思うユーザーのニーズに対応できる可能性を秘めています。そんなオーディオコンテンツは公式アプリでも実装されると思われます。最も主流になるのは公式アプリ内の自社メディアを読み上げるオーディオコンテンツではないでしょうか。他にはAIと会話しながら飲食店などの「予約」が可能になるなども予想されます。また、旅館や観光地の公式アプリでは、観光客への音声ガイダンスを公式アプリで行えるようになり(多言語対応)ARGPSと連動し観光名所や街全体を音声ガイダンスのみで観光できるようになると予想されます。

このように、オーディオコンテンツが公式アプリに実装されることはほぼ間違いないと思います。また音声には情報を伝えるだけでなくニュアンスや感情までも伝える力を持っています。声色によってラジオパーソナリティのように親近感を感じるなど、よりユーザーの想像力をかき立ててくれます。今後の公式アプリのお問合せガイダンスは「AIチャット」が主流になりますが、更に未来は「AI音声ガイダンス」が主流になると思います。公式アプリにオーディオコンテンツが実装される未来は妥当であるように思われます。

アップルのサイトではARでAirPods Proの実寸を体感できる!

AppCooking
AppCooking

アプリ専門制作会社。 AppCookingの使命は、企業の課題をAPP-DXで解決することです。