ニュース

40歳代から注意が必要!? AppleWatchでヘルスケアする時代

老若男女問わず非常に人気が高いAppleWatchに新たな可能性が出てきました。2020225日には脳卒中リスクを減らす治験をアメリカで発表されました。

今後は自分の命を守るためにAppleWatchを付ける時代が来るかもしれません。

AppleWatchで脳卒中リスクを減らす

Johnson & Johnson2020225日、「Apple Watchの心電図アプリとiPhoneHeartline Studyアプリを組み合わせて使用することで、脳卒中リスクを減らせる可能性」を検証する治験の、参加者登録開始を発表しました。

実は過去にAppleWatchによって命を救われたという方の報告が上がっています。

Apple Watch Series 4にはECG(心電図)機能が搭載されています。

心電図の測定方法は、AppleWatchをつけていない方の指を画面に触れて30秒間待つ。これだけで測定ができます。

30秒間の間に心拍数等を測定を行い正常な心拍数かどうかを調べることができます。

この測定は不整脈の代表的な形態である心房細動を確認することができます。

AppleWatchが不整脈と判断し、不審に思いながらも病院行ったら本当に不整脈であったという診断を受けたというケースがあります。

不整脈は脳卒中にもつながる重大な病気。Applewatchで調べることによって事前に心房細動がわかり命が救われたケースは何件も上がっています。

AppleWatchを使って脳卒中を予防する研究を行っているのはJohnson & Johnsonだけではなく様々な機関で行われています。

20193月には42万人を対象に大規模な調査が行われました。

スタンフォード大学の研究チームが主観となり行われた調査では、現段階ではAppleWatchの精度は100%とは言えない。さらなる改良が必要と発表されています。

しかしその後のAppleの研究の結果AppleWatchは最も一般的な不整脈である心房細動を正確に検出できることが判明したと発表され精度が向上しています

日本では慶應義塾大学医学部の研究チームはiPhoneApple Watchのセンサーを活用した臨床研究を国内で初めて開始したと発表しています。

世界各国の有名大学や世界的な大企業もAppleWatchを使って脳卒中の予防ができるのではないかと日や研究が続いています。

今後はさらに精度が高まり、AppleWatchをつけているだけで多くの人の命が救われる未来は遠くないのかもしれません。

近年は「若年性脳梗塞」が注目されています。まだ若いから大丈夫とは言えないのが脳梗塞です!しっかりと予防対策しましょう。

AppleWatchでおしゃれに

AppleWatchは健康促進や病気の予防だけではなくスタイリッシュでおしゃれなデザインが特徴的です。どんな服装にも合う強調されすぎないデザイン。しかししっかりと個性を出すことができるアイテムです。

現在AppleWatchは最大24か月、金利0%の分割払いなら、Apple Watch Series 5が月々1,962円(税込)から購入可能となっています。

Appleで確認する

AppCooking
AppCooking

アプリ専門制作会社。 AppCookingの使命は、企業の課題をAPP-DXで解決することです。