ニュース

新iPhoneSEがついに発売決定

2020年4月16日に新型iPhoneSEが発表されました。本記事ではこの新型iPhoneSEの発売日やデザイン、旧型iPhoneSEとの違いなどについてご紹介します。
まず新型iPhoneSEは4月17日に予約が開始され、4月24日に発売されます。(ドコモ、au、SBが新iPhone SE発売を5月11日に延期。)

デザインはiPhone 8とほとんど同じで、防水や非接触充電、3D Touchなどの機能が追加されています。
次に旧型iPhoneSEとの違いをストレージ容量、カラー、ディスプレイ、スペック、カメラ性能の5点からご説明します。

ストレージ容量について、RAMは旧型では2GBでしたが新型では3GBになりました。ROMは旧型では16GB・64GB・32GB・128GBに対応していましたが、新型では64GB・128GB・256GBに対応しています。

カラーバリエーションについて、旧型の「シルバーゴールド」「スペースグレイ」「ローズゴールド」から、「ホワイト」「ブラック」「(PRODUCT)RED」の3色になりました。
画面サイズについて旧型は歴代最小の4インチでしたが、新型は4.7インチとなりました。

スペックについて、新型iPhoneSEには最新の半導体であるCPU6コアが搭載されました。カメラ性能について、背面に一眼カメラで画質は12MP(1,200万画素)、インカメラが7MP(700万画素)の性能となっています。

外カメラには光学式手ブレ補正、最大5倍のデジタルズーム、ポートレート機能などが付いています。インカメラには写真の自動HDR、自動手ぶれ補正、バーストモードなどが付いています。しかしナイトモードが搭載されておらず、背面に一眼カメラしかないため、トリプルレンズを搭載しているiPhone11に比べると一眼レフのような撮影は難しいです。

発表を受けたユーザーの中では、カメラ性能がiPhone11の方が良いからそのまま使い続けたいという意見がある一方で、iPhone X以降は片手で持って操作するには大きすぎるため、コンパクトサイズの新型iPhoneSEに買い替えたいという意見も出ました。
このことからユーザーは、カメラの機能は最新でコンパクトなサイズのものを欲している傾向にあるようです。

今回の発売開始に伴い、新型iPhoneSEの売り上げや、今後どのようなiPhoneモデルが開発されるか目が離せません。

なお、FeliCaに対応しているため、iPhoneをレジにかざすだけでSuicaやQUICPayでスムーズに支払いができるのでこの機会に電子マネーに切り替えてみるのもいかがでしょうか。

AppCooking
AppCooking

アプリ専門制作会社。 AppCookingの使命は、企業の課題をAPP-DXで解決することです。