開発前助言

iOSアプリで定番とも言えるSwift

みなさんはSwiftについてご存知ですか?
アプリ開発者は特に、Swiftについて詳しく知っておく必要があるでしょう。
そこで本記事ではSwiftの基礎知識や特徴、メリットをご紹介します。

Swiftとは?

まず、Swiftとは2014年にApple社が発表した、ネイティブアプリを開発するためのプログラミング言語です。
MacOSとiOSを対象とし、10.9以降のOSを搭載している全てのデバイス用のアプリを開発することができます。
iOSやMac OSでは、ハードウェアとソフトウェアの両方をAppleが制作しているため、ディスクやメモリなどコンピュータの深い部分やハードウェアに関わるアプリも作ることができます。

またSwiftは無料のオープンソース・プログラムであるため、Swiftで開発したアプリはすべてのソースコードが公開されています。
よって、第三者でも自由に閲覧・編集でき、作成したアプリはApp Storeで配信することも可能です。
なお、これまでAppleではObjective-Cというプログラミング言語を使ってアプリを開発していました。
しかしObjective-Cは複雑で習得が難しい言語であったため、iOSやMac OSの開発を簡単にしてアプリ開発者を増やすためにSwiftが作られました。

Swiftの主な特徴

次に、Swiftの主な特徴を5つご紹介します。

モダンプログラミング言語

1つ目は、現代的なモダンプログラミング言語であることです。
ここでのモダンの意味は、コードが読み書きしやすいことです。Swiftは開発されてからまだ日の浅いため、Objective-C、Ruby、Python、Javaなど様々な言語の要素や良いところを少しずつ取り入れ、よりわかりやすく学習しやすい言語に工夫されています。

他の言語との相互性

2つ目は、他の言語との相互性があることです。
SwiftはObjective-Cとの互換性があり、Objective-C++やC言語とも混在が可能です。アプリを開発する際に、Objective-CとSwiftの両方のコードファイルが存在していても問題なく稼働します。また、Objective-Cで開発されていたアプリをSwiftのコードに置き換えるという面倒な作業も必要ありません。さらに、Objective-Cで開発途中のものをSwiftでそのまま開発したり、Objective-Cに用意されているフレームワークやライブラリをSwiftで使用したりすることもできます。加えてSwiftとObjective-Cとの間でAPIを共有したり、Objective-Cの間のフレームワークをSwiftにインポートしたりすることもできます。このように、他の言語と一貫して使用することができるのも大きな特徴です。

実行環境

3つ目は、Playgroundの実行環境です。
Swiftでの開発にはXcodeというツールが使われています。このXcodeにはPlaygroundという実行環境があります。これは、リアルタイムでプログラムを実行・確認することができる機能です。これを利用すると、コーディング中に動作やロジックを確認することができます。これは、修正箇所を早く見つけて開発時間を短縮することにつながります。

パフォーマンス

4つ目は迅速なパフォーマンスです。
Swiftは高速な動作を実現しています。これまでの言語よりも処理速度が大幅に高速化していて、Objective-Cよりも最大で2.6倍、Python 2.7よりも最大で8.4倍の高速処理が可能です。

入門者・初心者が取り組みやすい

5つ目は、入門者・初心者が取り組みやすいプログラミング言語であることです。
理由は、開発環境の構築が必要なく、視覚的に理解しやすい上にデバッグを自動でしてくれるからです。デバックとは、書き換えるたびに動作確認をすることです。基本的にプログラミングでは、コードを少し書き換えただけでも多くのパターンの動作を確認しなければなりません。先ほども述べたSwiftに使われているXcodeというツールには、自動テストツール機能があります。この機能を利用すると、手間のかかるアプリの動作確認を自動化することができるのです。

Swiftのメリット

次にSwiftを取得するメリットを2つご紹介します。

共通のプログラミング言語

1つ目は、SwiftはApple製品共通のプログラミング言語であることです。
一般的にはWebサイトやアプリケーションの環境、デバイスなどによって開発言語は変わります。しかしAppleのデバイス用のアプリはすべてSwiftで開発できるため、一度覚えるとApple製品のすべてを扱うことができます。

将来性

2つ目は、将来性が高いことです。
iOSやMacのアプリの開発以外にも、現在様々な企業でSwiftを導入する動きが高まっています。そのため、Swiftは今後ますます汎用的に利用されていくことが見込めます。

また、今後も定期的なバージョンアップを経ながらさらに開発がしやすくなるとも言われています。このように、Swiftは将来性の高い言語なのです。
いかがでしょうか?Swiftについてしっかり理解して、よりよりアプリ開発に努めましょう。

AppCooking
AppCooking

アプリ専門制作会社。 AppCookingの使命は、企業の課題をAPP-DXで解決することです。