開発後助言

アプリの「保守」と「運用」の違い

みなさんは、アプリにおける「保守」と「運用」の違いをご存知ですか?保守と運用は混同されやすいですが、その役割はそれぞれで異なります。そこで本記事では、アプリにおける保守と運用の違いをご説明します。

結論から述べると、「保守」とはシステムを改善・変更するものであり、「運用」はシステムを日々動かしていくことです。言い換えると、保守は開発やシステム設計と深く関わっているのに対し、運用ではシステムの変更作業は行いません。
では、それぞれの役割について具体的に述べます。

保守の役割

まず保守の主な役割は、プログラム障害やシステム障害の原因究明・改修を行うことです。
例えばゲームのアプリの場合、既存の不具合を解消するためや、ステージを増やすなどのコンテンツを新しくするために保守を行います。
このように、一度リリースしたアプリをより良いものにするために、さらに手をかけて改善を繰り返していくのが保守の役割です。保守を行うことで、リリースしたシステムの問題点や課題などへの対応をたくさん行うため、どのようなシステムがメンテナンスしやすかを吟味することができます。なお改善や仕様変更の必要がある場合は、大規模な変更を行うこともあります。
これは他のシステムも同様です。

ハードウェアやOSを例に挙げると、ジョブスケジュールの保守では新規プログラムの導入やバッチジョブの改善などを行います。
加えて、トラブルなど緊急時の対応も保守の役割です。システムの障害やウイルス、不正アクセスなどのトラブルが起きた時に、原因を究明したり復旧させたりします。
より快適にシステムを使用できるように、システムに修正を加えてアップデートをします。また故障や障害などのトラブル発生時には、対応方法がマニュアル化されていないことが多いため、その都度イレギュラーな対応が求められます。
このように保守を行うには、高いレベルの知識・経験・技術が必要とされます。

なお広義の保守は、システム利用者が保守担当者に作業を依頼した時に発生します。
このため利用者からの相談を受け、問題への対応方法を検討するプロセスから、システムの学習や作業を行う時間、改善の提案をする時間などまで、保守作業に要する時間を幅広く捉えておく必要があります。

運用の役割

次に運用の主な役割は、オペレーションと監視です。
オペレーションとは、アプリの起動や停止、データなどのバックアップ作成、その他の入力・出力作業などを行うことです。
監視はマシンやネットワーク等の運転状況やメモリ、CPUなどのシステムリソース、バッチジョブの状態などを見守り、異常を発見したら関係各所に連絡することです。このように、運用ではハードウェアやネットワーク等のインフラ面を対象とします。スマホのゲームアプリを例に挙げると、アプリは一時的な利用者の増加により障害が発生したり、サーバーが悪意を持ったユーザーから攻撃を受けたりすることがあります。

こうなると、早急に対策をとらなければシステムが停止・破壊する危険性があります。
このような事態を防ぐために、システムの環境に異常がないかを日々監視し、万が一障害が発生した場合は原因箇所を特定するのが運用の大きな役割です。さらに、障害原因がソフトウェアのバグではなくインフラ側に問題があった場合には、システムの復旧も行います。つまり運用とは、スムーズに日々の業務を進められるように、システムを正常に稼働させることです。システムの稼働状況を確認したりデータのバックアップを管理するだけでなく、ウイルスや不正アクセスを監視し、未然にトラブルを防ぐことも運用の役割です。

ユーザーが常に快適にサイトを利用できるように、24時間365日厳重に管理・監視を行うというルーティンワークがあってこそ、ユーザーに快適にアプリを利用してもらえるのです。

まとめ

まとめると、保守の役割は一度リリースしたアプリをより良いものにするために、さらに手をかけて改善を繰り返していくことです。
そこには、プログラム障害やシステム障害の原因究明・改修、トラブルなど緊急時の対応も含まれます。運用の役割は、ユーザーが快適にアプリを利用し、スムーズに日々の業務を進められるようにシステムを正常に稼働させることです。そこには、システムの稼働状況の確認・データのバックアップの管理・ウイルスや不正アクセスの監視なども含まれます。

このように、保守によって24時間365日厳重に管理・監視を行い、未然にトラブルを防ぐことが大切です。
いかがでしょうか?
保守と運用は、それぞれ異なる役割があることがお分かりいただけたともおいます。
アプリにおいてはどちらも欠かせないことですので、これらの違いをしっかり理解した上でアプリ運用・保守を行いましょう。

AppCooking
AppCooking

アプリ専門制作会社。 AppCookingの使命は、企業の課題をAPP-DXで解決することです。