開発後助言

【iOS14】大幅アップデートで起きた変化と影響

最近リリースされたiOS14について書いていきたいと思います。iOS14は2020年9月16日に発売された新しいOSとなります。
対応するデバイスは6sシリーズから一番新しいiPhone11シリーズまでアップデートすることができます。
しかしiOS14のリリースがいきなりだったようで、開発陣からアプリの審査などの準備が不十分という声が上がっています。
そのような背景があり不具合も多くでているとのことですが、アップデート内容やiOS14が持つ不具合についてどのようなことが起こっているか書いていきたいと思います。

iOS14のアップデート内容について

まず1つ目はバナーのデザインが変わったことです。
電話がかかってきた時着信画面が全画面を占領していました。
iOS14にアップデートするとSMS(ショートメールメッセージ)を受信したときのように上に表示されるようになりました。
その状態で上にスワイプすると消音になります。逆に下にスワイプすると全画面表示になります。

2つ目は『メッセージは会話にピン留めを行うこと』が可能になり、ミー文字は11個の髪型と19種類の帽子が新たに追加されさらにカスタマイズできるようになっています。

3つ目はSafariでも検索エンジンの機能が上がり、データ漏洩の監視も行ってくれよりセキュリティが高くなりました。このように前のOSもと比べて大きく改善していき、より使いやすくなりました。この他にもまだまだ変更されたものもあります。

iOS14から追加されたアプリ

iOS14から追加されたアプリというものもあります。
先程ご紹介した『APPライブラリがライブラリ』、次にピクチャインピクチャという機能になります。
これは別のアプリを操作しながらビデオを見ることができます。
上記の2つはなにかiPhoneで作業をしながら別の作業をすることができる機能になります。
今までのiPhoneだとこういった機能はありませんでした。

次はAPPライブラリという機能です。
iSO14はホームページを最後のページを左にスワイプするとAPPライブラリが表示され、アプリがカテゴリごとに分割され見やすくなります。
カテゴリごとに分割されるので探しやすくなります。『あのアプリどこに移動させたっけ?』と探す労力も少なくて済みます。

次に『Car Play』という機能が追加されました。
Car Playとは車の駐車、電気自動車の充電、食事の素早い注文のために他の会社のアプリと連携をとることができます。
この機能を使うことにより、わざわざグーグルマップを開いて駐車場を探す必要なく、電気自動車の充電スポットもわざわざマップを開いて探す必要がありません。

アップデートされてから起きた影響 どういったバグが起きたのか

iOS14にアップデートされてから不具合が起きるようになったという声が上がっています。
まず挙げられるのはデフォルトでインストールされているメール、ブラウザを変更をすることができたが、端末の再起動をかけると元に戻るとのことです。またiPhone7にiSO14をインストールすると撮影ができず、LEDライトがつかなくなったという意見も出ています。さらに時計アプリの時刻がずれているという声も聞かれました。

iOS14はサプライズリリースが行われたとのこともあり開発陣も十分に確認するためのスケジュールが組めなかったとのことです。
そのためこのような不具合が多数生じているのではないだろうかと思います。
不具合の一覧はここのページにありますので、時間があるときに確認していただければと思います。

iOS14.0.1がリリースされて問題は解消されたのか

不具合対策としてiOS14.0.1が2020年9月24日にリリースされ、それまでの不具合も順次解消されていっているとのことです。
iOS14.0.1を導入した後不具合も直ったという声もちらほら聞こえていますが、まだまだすべての不具合の解決にはつながっていないようです。

すべての不具合を解消するのはまだまだ時間がかかるようです。開発陣も年内解決を目指しているとのことでしたので、粘り強く待つと不具合の件は解決すると思います。

まとめ

今回新しくリリースされたiOS14ですが、リリースされた後に様々な不具合が生じたためにiOS14.0.1という新しいOSもまたリリースされることになりました。
iOS14はサプライズリリースということで開発陣も不具合の対策まで手が回らない状態でのリリースとなってしまい、不具合が生じました。
これからどんどん不具合の方も解消されるとのことでしたので解決を待ちながら使い続けるか、アップロードをせずに待ち続けるかのどちらかを選び使っていきたいと思います。

まだリリースして間もないということもあり出ている情報が少ないということが挙げられます。
現時点で不明な点も多くどこまで不具合が直ったのかもわからない事が多いです。そこでリリースから時間がたつことでハッキリとしたことが分かると思います。

AppCooking
AppCooking

アプリ専門制作会社。 AppCookingの使命は、企業の課題をAPP-DXで解決することです。