まとめ

安心!簡単!便利!シニア向けアプリまとめ

マーケティングリサーチのMMDLaboが運営するMMD研究所が2019年12月に発表したデータによると、携帯電話を所有する60~79歳のスマートフォン利用割合は2019年では68.5%となり、今や多くのシニア世代の方々もスマートフォンを利用する時代となりました。今回は、シニア世代の方でも簡単に利用できるアプリを5つ紹介します。

ラクホン




はじめにご紹介するのは、ホーム画面の配置をより見やすく変更できるアプリ「ラクホン」です。スマートフォンには、さまざまな機能やアプリが搭載されているため非常に便利なアイテムですが、一方で、シニアの方々には少し使いにくい機能もあります。
しかしラクホンを利用することにより、スマートフォンのホーム画面に「電話」「メール」「写真」などの頻繁に使うアプリを大きなボタンで表示できます。スマートフォンをパッと開けば、すぐに目的の機能が目に入るので、よく操作を間違えてしまうシニアの方々には非常に便利なアプリです。
さらに、万が一の事態に備えた「緊急メール」「ブザー」機能は、ボタンの長押しで発動できます。押し間違えで周りを心配させることなく、緊急時へ備えることができます。

クロスワード




「クロスワード」は、文章によるヒントを元にタテヨコに交差したマスに特定の言葉を当てはめて、すべての白マスを埋めるパズルゲームです。小さい子供はもちろん、シニアの方々にも人気があります。
そのクロスワードが、スマートフォンのアプリになって登場。アプリの無料版では4問まで遊ぶことができます。無料版といっても中身は本物であり、「8×8マス」をはじめとしたクロスワードパズルが遊べます。

アプリの操作もペンを使わずに画面上で操作するので、字は何度でも入力しなおす事ができ、インクや消しゴムのカスで手が汚れることがないので、クロスワードをやったことのない方でもオススメのアプリです。

家族アルバム みてね




「家族アルバム みてね」は、スマートフォンなどで撮影した写真や動画を、無制限に保存できるアプリです。それらの写真や動画は、家族や共通の友人と共有できるので、遠くに住んでいて中々会えない人たちとも、同じ写真を見て一緒に楽しむことができます。撮影日順の表示設定や自動動画作成機能などもあり、子供が成長する過程を楽しめる工夫が満載です。

写真共有アプリは他にも数多くありますが、このアプリの一番の特徴は、家族や友だちとコミュニケーションを取ることができることです。写真を共有する相手はPCやスマホのブラウザからでもアクセスでき、さらには写真にコメントも残せるので、写真を通じて気軽にコミュニケーションを取ることができます。

Life360




「Life 360」は、家族や恋人など、設定したメンバーの位置情報を共有できるアプリです。
設定したメンバーが移動した形跡も確認できるので、子供が通学路から外れていないかどうか、高齢の両親が道に迷っていないかなど、防犯として役に立てることができます。

アプリ内ではチャット機能もあるので、不安なことがあればすぐにでも連絡を取れます。スマートフォンのバッテリー状態の共有をして、残量が低下したらアラートを受け取る機能も搭載されているので、万が一に備えてダウンロードしておきたい防犯アプリです。

ココダヨ




「ココダヨ」は、災害時に自分や家族の居場所の確認と、チャットで連絡が取れる防災アプリです。災害が起きると、アプリが即座に家族の居場所を探知して表示する機能があります。

アプリで災害や警報情報の確認もでき、災害時には近くの避難所までのルート検索機能も備わっています。こちらも、万が一に備えてぜひダウンロードしておきたいアプリです。

AppCooking
AppCooking

アプリ専門制作会社。 AppCookingの使命は、企業の課題をAPP-DXで解決することです。