事例

公式アプリでクーポンを活用しよう

お店に行くときにクーポンを使う人は多いのではないでしょうか。
アプリで取得したクーポン利用者のうち、店舗・ブランド・メーカーが提供しているアプリのクーポンの利用をしているユーザーが多くいると言われています。年齢層は10代〜20代のユーザーが多く、クーポンによって行動変更することも多いということがわかりました。
特に割引系のクーポンを多く使われており、クーポンをきっかけに買い物をしたという人は40%もありました。

経営者側としては利用しているユーザー層に合ったクーポン配布できることがポイントになってきます。
例えば学生利用が多い店舗の場合は、ランチ割引クーポンよりも17時以降の商品割引クーポンを配布したほうが、下校のタイミングに学生たちが利用しやすいです。

今回は、クーポンを上手く利用しているアプリをご紹介いたします。

リサイクル王国

京都リサイクル王国は、京都市右京区の天神川通りにある大型リサイクルショップ店です。
アクセサリー、家電、おもちゃ、アパレルなど幅広いジャンルを取り扱っている総合リサイクルショップで毎日新しい商品が入荷されています。

リサイクル王国の公式アプリでは、期間限定のSALE情報がプッシュ通知で届きます。

また雨の日クーポンや誕生日クーポンや買取・購入クーポンなどクーポンの種類が豊富です。
雨の日でお客様の足が遠のくときに雨の日クーポンがあれば、雨の日でも来店するきっかけを作り出せます。

クーポンを活用して集客をするにはユーザーの購買傾向や行動を見なければいけません。
ただ割引クーポンを配布するだけではお店の経営を圧迫してしまい、元も子もありません。クーポンを使ってくれる見込のあるユーザーに対して戦略的に配信することが重要です。

AppCooking
AppCooking

アプリ専門制作会社。 AppCookingの使命は、企業の課題をAPP-DXで解決することです。