ニュース

【年内終了】Google Play MusicからYouTube Musicへ

グーグルは5月13日、定額で聴き放題の音楽配信サービス「Google Play Music」を年内に終了することを発表しました。
それに併せて、「YouTube Music」にアカウントを移行できるツールを公開しました。

YouTube Musicは、2018年11月に発表されたストリーミングサービスです。5000万曲以上の楽曲やアルバム、YouTubeにアップロードされている音源、ライブ、リミックスなどを楽しむことができるのが特徴です。10万曲の楽曲をアップロードできるうえ、その人の好みや場所、時間帯、移行したGoogle Play Musicの設定などをベースに、マイミックス、おすすめ、新譜ミックスなどのお知らせもしてくれます。さらに、月額980円の有料会員はオフライン再生にも対応します。

Google Play MusicからYouTube Musicへのアカウント移行ツールは、YouTube MusicサイトかYouTube Musicアプリからアクセスすることができます。移行できる内容は、Google Play Music ライブラリ・高評価、低評価した曲の情報・Google Play Musicを定期購入している場合の定期購入情報です。移行方法は、YouTube Musicのアプリをダウンロード後「移行を開始」をタップするだけです。アカウントの移行は何度でもできます。移行にかかる時間はデータ量により、数日間かかる場合もあります。転送が完了すると、メールやアプリで通知が届きます。Google Play Musicの定期購入は、現在の定期購入のレベルに応じて同等のYouTube Music PremiumかYouTube Premiumに自動的に切り替わります。なお、Google Play Musicの有料会員であれば、追加負担なしでYouTube Musicを有料会員として利用できます。

 Google Play Music終了までの間、両サービスを引き続き利用できます。しかし、この期間はあくまでもユーザーがYouTube Musicにコンテンツを移行し、機械に慣れてもらうための準備期間としています。したがって、Google Play Musicのサービスか終了するまでにYouTube Musicにデータを移行しておきましょう。

AppCooking
AppCooking

アプリ専門制作会社。 AppCookingの使命は、企業の課題をAPP-DXで解決することです。