開発前助言

プッシュ戦略とプル戦略の違い!

みなさんは、マーケティングにおけるプッシュ戦略とプル戦略の違いをご存知ですか?この2つの戦略はその違いや特徴を理解することで、公式アプリの中でどちらも効果的に使い分けることができます。そこで本記事では、プッシュ戦略とプル戦略についてと、公式アプリでこの2つを効果的に使い分けるそれぞれの戦略方法を詳しくご説明します。

それぞれの特徴

 まず、プッシュ戦略とプル戦略のそれぞれの意味と違いをご説明します。

プッシュ戦略

プッシュ戦略とは、売り手がユーザに対して直接アプローチするプロモーション戦略を指します。つまり、売り手側が消費者に直接アプローチする人的販売とセールスプロモーションが該当します。例として、テレビCMや新聞広告などのマスメディア広告、バナー広告、ダイレクトメール、FAX配信などが挙げられます。このプッシュ戦略では、運営側からユーザーに対して直接アプローチするため、ブランドの認知度が低い場合や競合と自社のブランドの差別化があまり図られていない場合に有効だと考えられます。

一方で、プロモーション手段としてテレビCMや新聞広告などのマスメディア媒体を利用するため、コストがかかりやすい傾向にあります。その分競合との差や優位性を訴求するアプローチを中心に展開するため、宣伝色は強いです。加えて、プッシュ戦略のWeb広告の代表例として挙げられるディスプレイ広告は、バナーを特定のサイトや特定の広告枠に配信する純広告で古くからある手法です。最近では、アドネットワークを利用して自社のサービスに関連度が高いサイトに広告を自動で配信することができます。また、セグメントを切って興味があると見込まれるユーザが見ているサイトに対して自動で配信する方法が頻繁に用いられます。

プル戦略

対してプル戦略とは、ユーザが売り手に対して自発的にアプローチしてくるように仕掛けるプロモーション戦略を指します。つまり、消費者が能動的に情報取得を行い、自発的に「欲しい」と思わせるように売り手側が仕掛けることです。例として、企業がWebサイトやブログを通じて情報発信を行うことや、SEOやSEMを通じての検索情報の最適化、ソーシャルメディアを通じた共感されやすい情報の拡散などが挙げられます。また広告宣伝活動やPR活動、SNSや口コミなども該当します。プル戦略では、これらを通して特定の情報に感心の高いユーザにピンポイントでアプローチすることが可能です。またソーシャルメディアなどを積極的に活用するため、低コストで実施できます。一方で、ユーザに自発的な行動を喚起させるアプローチを中心に展開するため、宣伝色は薄くなりやすいです。なおWeb広告は、検索キーワードと連動して検索結果ページに広告が配信されるリスティング広告で、特定の何かを調べたいユーザーや興味を持っているユーザーに対してアプローチすることができます。

それぞれの戦略

 次に、公式アプリでこの2つを効果的に使い分けるそれぞれの戦略方法をご説明します。まずプッシュ戦略の方法には、人的販売とセールスプロモーションがあります。人的販売とは、対面コミュニケーションや訪問販売のことです。ユーザーと対面でコミュニケーションを取るため、非常に濃い情報発信ができます。またダイレクト営業や実演販売、販売会への参加なども効果的です。消費者に直接商品やサービスを伝えられるため、濃いアプローチができるのが特徴です。したがって認知度向上やブランディングに有効です。なおセールスプロモーションを行う際は、実施する目的の明確化が重要です。

例えば認知度を上げるためには、来場客が多いイベントプロモーションが効果的です。一方で効果測定を重視する場合は、双方向にコミュニケーションを行うダイレクトマーケティングが効果的でしょう。このように、目的によって行うべきプロモーションが異なります。次にプル戦略の代表的な方法として、広告宣伝、PR、口コミ、SNSが挙げられます。広告宣伝は費用はかかりますが、狙ったターゲットにリーチできることが特徴です。PRは、プレスリリースやニュースリリース、テレビや新聞、雑誌などに働きかけるパブリシティなどが該当します。自社から発信した情報をメディアに取り上げてもらい記事化してもらうことによって、自社の認知やブランドイメージを高めていきます。口コミでは、ユーザーがサービスや商品をすでに認知していて購入を検討している場合の重要な情報源になります。
SNSは近年、消費者とコミュニケーションを取る手段として利用されています。インフルエンサーの活用やキャンペーンなど、SNSを用いて新しい取り組みが行われています。

 いかがでしょうか。
プッシュ戦略とプル戦略の違いとそれぞれの特徴を知ることで、両方を効果的に使い分けることができます。ぜひ2つの特徴と違いをしっかりと理解し、公式アプリでこれらの戦略を生かしてください。

AppCooking
AppCooking

アプリ専門制作会社。 AppCookingの使命は、企業の課題をAPP-DXで解決することです。