開発後助言

公式アプリのリニューアルって必要?どのタイミングですべき?を徹底解説!

公式アプリを長年運用していると、様々な問題点や改善点が浮き彫りになってくると思います。
また、これから公式アプリを運用していく上でリニューアルをした方がいいのかなど、疑問に思っている方も多いと思います。なので今回は、公式アプリのリニューアルをするとどうなるのか?どんなタイミングですべきか?などをご紹介していきます。

公式アプリのリニューアルとは?

公式アプリのリニューアルとは、アップデートによってアプリの仕様や外装が、顧客にとってより使いやすいように変化することです。また改良だけでなく顧客から寄せられた問題点などを修正したりする際にもリニューアルを行ったりもします。
お店(実店舗)でもリニューアルが行われているところもあり、内装や並べられている商品のレパートリーが変わったりするようなことがあると思います。

それの公式アプリ版と考えればイメージがつきやすいのではないでしょうか。
例を挙げると、『HARD-OFF』の公式アプリはリニューアルされたことによって、お買い物時に利用できるような「エコポ」というサービスが実装されたり、「店舗検索」機能や「ネットモール」機能が使いやすくなったりなど、リニューアルされたことによって様々な点が改良されました。

公式アプリをリニューアルするメリット

公式アプリをリニューアルするメリットとして先ほども述べたように、顧客に満足して使用していただけるような機能の搭載や改善の他に、問題点の修正、古くなってしまった情報の整理などが挙げられます。さらには見た目を大きく変えることによって公式アプリのマンネリ化が進んでいるユーザーに刺激を与えることもできます。

それによってアクティブユーザーの増加にも繋がるでしょう。
リニューアルの工夫次第では様々なメリットを生み出すことができます。

どのようなタイミングでリニューアルすべき?

では、一体どのようなタイミングで公式アプリをリニューアルすれば良いのでしょうか。
それぞれの要因によってリニューアルを考えるタイミングを解説していきます。

デザイン面で劣化してきた場合

近隣エリア同業他社、ライバルのホームページと比べて自社のデザインが劣化していると感じた場合は、ユーザーが比較検討をする時に、ライバル社が選ばれてしまう可能性が高くなります。売上やイメージに直結する問題ですので、なるべく早めに検討した方がいいでしょう。

客観的に見て世の中のホームページと比べてデザインが古かったり、劣っていると感じた場合も同じです。ホームページの幅が狭い、写真や文章のサイズが全体的に小さい、色づかいが古く感じるなど、なんとなく気になったら検討するべきでしょう。

機能面で劣化してきた場合

利用者からの苦情が殺到してしまったり、致命的な不具合や問題点を見つけた場合や、デザイン面と同様に機能面でも他社と比べて劣っていると感じた場合はリニューアルを検討した方が良いでしょう。

前のリニューアル、リリースから長い年月が経っている場合

前のリニューアル、リリースから長い年月が経っている場合、新しく開発された機能が有効に活用されていなかったり昔の情報と最新の情報が整理されていなかったりなど、不都合な点が多々あると思うのでリニューアルを検討すべきでしょう。

まとめ

今回は公式アプリのリニューアルをするとどうなるのか?どんなタイミングですべきか?などをご紹介させていただきました。お分かりいただけたように、リニューアルは他社に負けないようなデザイン面や機能面の向上を図ることができます。

自社の公式アプリのリニューアルするタイミングをうまく見計らって、競合に劣らないような素晴らしい公式アプリを運用していきましょう。

AppCooking
AppCooking

アプリ専門制作会社。 AppCookingの使命は、企業の課題をAPP-DXで解決することです。