まとめ

無駄な作業を減らすビジネスアプリまとめ

仕事の量が多い時こそ、タスク管理をして生産性を向上したいですよね。この記事で紹介するAppを活応してみてはいかがでしょうか。
本記事では、7つのビジネスアプリについて説明いたします。

Trello



1つ目はTrelloです。
これは、ふせんを貼ったりはがしたりする感覚で、タスクが管理できるアプリです。タスクの進捗に応じて、カードをドラッグとドロップで簡単に動かすことができます。さらに、バグ修正によりモバイル環境を改善したため、生産性が向上しています。

Slack



2つ目はSlackです。
これはコミュニケーションツールアプリです。絵文字のカスタマイズや既存サービスとの連携ができ、リアルタイムで容易にやりとりができます。バグ修正により、ダイレクトメッセージでファイルを共有する時に、一部のメンバーの名前が空白で表示されるという不具合が改善されました。

iFTTT



3つ目はiFTTTです。
これは、異なるソーシャルメディアやプラットフォームを連携させるアプリです。InstagramやGoogleドライブ、Evernoteなどのプラットフォームの仲介役をします。

oneSafe +password manager



4つ目はoneSafe +password managerです。
これは、4種類の厳重なパスコードによりセキュリティ対策が施された、パスワード管理アプリです。カードをスキャンしたり、写真や動画を保存することもできます。Cookieやブラウザに履歴を残さず、情報を保存したりアクセスしたりすることができるため、仕事でiPhoneを使う方にオススメです。

Notebook-Take Notes,sync



5つ目はNotebook-Take Notes,syncです。
これは、メモを取る用途に最適なノートアプリです。ノートのクリップ、分離、並べ替え、コピー、移動などの操作ができます。また、音声や画像、手書きなども扱うことができます。

Duet Display



6つ目はDuet Displayです。
これは、iPhoneやiPad、Androidのスマートフォン、タブレットとPCをUSB接続して、サブディスプレイにできるアプリです。出先でも使用でき、iPadやタブレットとして使いつつ、必要なときはサブディスプレイにするという1つで2役の使い方ができるという利点があります。

Microsoft office Lens PDF Scan



7つ目はMicrosoft office Lens PDF Scanです。
これは、撮影済みの画像を読み込んで、あらゆるものを電子文書化することができるアプリです。撮影した書類をWordの文字データに変換したい時や、印刷した書類をデータとして復元したい時、紙の書類を修正したいときなどに活用できます。

いかがでしょうか。効率的なタスク管理のために、これらのビジネスアプリを利用してみてください。

AppCooking
AppCooking

アプリ専門制作会社。 AppCookingの使命は、企業の課題をAPP-DXで解決することです。